カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

7月になりました。

九州北部の記録的豪雨により被害を受けられた方々には心からお見舞い申しあげると共に、救助活動や復興にご尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

記録的豪雨があったかと思えば水不足の地域もあったり、記録的な暑さが続いていたりと、気候がおかしくなってしまったのではと感じることが続いております。
万が一の事態に備え、非常食と飲料水と必要な物資の備蓄を心がけましょう。

水が使えない環境になると、食品用ラップ(サランラップなど)が大変重宝されるそうです。
お皿の上にラップを敷いてから使えば、洗うのに水を使う必要がありません。

私が備蓄を意識するようになったのは東日本大震災からのことになります。
被災されて多大なるご苦労をされた方達の知識と経験を学び、日々備えていきましょう。